初めてのバレエコンクール編『娘と私の夢!バレリーナへの道~二人三脚奮闘記~』

娘と私の夢!「バレリーナへの道~二人三脚奮闘記」

娘は幼稚園の年中に上がってすぐの4歳の頃から、バレエを習い始めました。2019年末で、習い始めて3年半。

現在、コンクールクラスに選ばれて4ヶ月。コンクールのヴァリエーションを練習し始めて2ヶ月が経ちました。

そして、初めてコンクールに挑戦しました!!!

初めてのコンクールは・・・フロリナ王女のヴァリエーション

初コンでは、「眠れる森の美女」のフロリナ王女のヴァリエーションを踊る子が多いみたいですね。うちの教室でも、だいたい初めにフロリナを踊るようです。

練習開始して、すぐに先生から言われたことは、、、

フロリナ王女になりきるために、ストーリーを調べてきなさい!

でした。早速、アマゾンプライムビデオでディズニーの「眠れる森の美女」のアニメを見ました。

あれ??フロリナ王女って出てきた???出てきてないない!!!それもそのはず!フロリナ王女ってバレエ独自の登場人物なのですね。面白い!

下記に、お話のあらすじを書きますね^^

フロリナ王女のヴァリエーションはどういうシーン?

ある日、フロリナ王女はシャルマン王子に見惚れられました。

フロリナ王女は、王様の再婚した継母にシャルマン王子との仲を邪魔されて、塔の中に閉じ込められてしまいます。

シャルマン王子はフロリナの継母に騙されて、継母の連れ子のトリュトンヌと結ばれるようにしくまれ、結婚する約束をしてしまいました。

王子は騙されていることに気付き、結婚の約束を破ってしまいます。王子は罰として魔法使いに青い鳥に変えられてしまいました。

そして王子は鳥の姿で、塔に閉じ込められたフロリナに会いに行き、愛をささやき王女を励ますのです。

フロリナ王女はその青い鳥が、シャルマン王子であると気付きます。鳥の愛の歌を聞きながら、フロリナは踊り愛を確かめ合いました。

そのシーンがこのフロリナ王女のヴァリエーションなのです。なんとも切ないシーンですね。

「眠れる森の美女」の第3幕ではオーロラ姫と王子の結婚式のお祝いで、青い鳥に変えられた王子とフロリナ王女が塔で一緒に過ごした場面をパドドゥで表されています。

初コンクールの動画公開!

初めてのコンクールで、初めて「緊張」と言うものを味わった娘…。場当たりでは、コンクール経験者に終始圧倒されて、先生の指示も聞こえているのか?まともに場当たりなんか出来てなかった…。見ているこちらもドキドキして、緊張(*_*)

 

初コンクールの出来は???

結果はご覧のとおり、出だしはまだ良かったものの、ピルエットまえに舞台上手への移動が緊張で行き過ぎてしまったようです。

その為、フィニッシュのポーズはここで!と言われていたであろう場所までが遠くなってしまい、焦って、焦って、回転の軸足の1歩をいつもより大きく踏み出して、距離を稼ごうとしたので、前に出した軸足に上手く乗れないで重心が後ろに残ったまま、ただ回転した感じになってしまいました。

審査員の方からチェックシートを頂けるのですが、どの方からも、

基本をしっかり練習すること!

でした。娘は足が内股気味になりやすく、鎌足になってしまうので、日々のバーレッスンでしっかりと体にアンドゥオールを覚えさせていくしかないのですね。近道はない!日々のコツコツとした努力しかないのです。

娘は、自分で納得がいく出来ではなかったので、買ったDVDを暫く見ようとしませんでした。

どこがいつも通りに出来なかったかなんて、踊った本人が1番分かってるのですね。

短い演目ではありますが、意識するところ、改善するところ、課題を再確認出来ました。

出来なかったことに目を背けずに、向き合って、悔しい気持ちを次に繋げてほしいと思いました。

さあ、次は2020年春休みのコンクール!日々、努力してがんばろうね。応援しています。

0

コメント

error: 右クリックできません